トップページへ戻る

   鋳物定盤カスタムナビ 
3m×8mまでの超大型鋳物定盤の
設計から製作・施工まで一貫対応いたします。
 TEL.082-814-2107(平日8:00~17:00)
3m×8mまでの超大型鋳物定盤の
設計から製作・施工まで一貫対応いたします。
鋳物定盤カスタムナビ  大和重工株式会社
TEL.
082-814-2107
(平日8:00~17:00)

定盤コラム

Column

定盤の埋込タイプと据置タイプの違い

2023.12.19

定盤とは?

定盤とは、一般的に機械装置の加工/組立/検査/実験などを行うための基準平面(水平面)として用いられます。

その平面は「機械加工」「きさげ」等により、必要な精度に仕上げられています。表面は、機械や装置を固定するために、T溝加工やタップ穴加工が行われることが多く、測定のための基準線や基準溝を加工することも可能です。

定盤の埋込タイプと据置タイプの違い

定盤は、設置方式の違いにより、

  • 埋込タイプ
  • 据置タイプ

という2つに分けることができます。

埋込タイプ

フロアー上面と定盤面を同ツラにするため、基礎を掘り込んだピット内に定盤を設置します。基礎工事と定盤周辺の縞鋼板を設置するためのコストが発生します。

据置タイプ

フロアー上に設置しますので、定盤上面との間に段差が発生します。

鋳物定盤カスタムナビによる定盤製作

鋳物定盤カスタムナビを運営する大和重工株式会社には、定盤の製作実績が多数ございます。

CAE構造解析による、充分な剛性・許容荷重の確保

大和重工の定盤「Daiwa定盤」には、上記写真のようにCAEを使用した構造解析を実施しております。定盤の耐荷重は、剛性と支持点の数によって決まります。積載する機械や装置の最大荷重に基づき、変形が許容値以下となるように設計いたします。必要に応じて、CAEによる構造解析を行い、変形状態を詳細にシミュレーションすることも可能です。

据付作業まで一貫対応

定盤平面度の精度は、機械加工を行った時点と据え付け後では異なります。

「Daiwa定盤」は、据え付け後で平面度の保証を行えるように、事前打合せを十分に行い、搬入方法、基礎への固定方法、レベル調整方法などを決めさせて頂き、据付作業も責任を持って請け負います。

定盤の定期メンテナンス・リニューアル

一見すると困難に思えますが、定盤据付時の精度を維持して使い続ける事も、「Daiwa定盤」なら可能です。

「Daiwa定盤」には精度を維持し続けるために必要な機構が備わっています。定期的にメンテナンスを行うことで、据付時の精度を維持できますので、定期メンテナンスも安心してお任せください。

鋳物定盤カスタムナビによる定盤の製作事例

当社が製作した定盤をご紹介します。

①検査定盤

レイアウトマシン用の基準溝が必要とのご要望をいただいたため、キー溝とタップ穴加工を行いました。また、建屋の設計段階からご協力させていただき、スムーズに据付工事まで実施することができました。

②試験定盤

耐久試験定盤|鋳物定盤カスタムナビ

製品の試験を行うための定盤として、高剛性で平面度も担保できる定盤のご要望をいただきました。当社では設計段階での荷重条件等の構造解析を行いますし、独自のボックス型構造を採用し剛性も担保している定盤という点でご評価いただきました。

定盤の製作なら、鋳物定盤カスタムナビにお任せください

定盤の製作なら、3m×8mまでの超大型鋳物定盤の設計から製作・施工まで一貫対応が可能な鋳物定盤カスタムナビにお任せください。